商品情報にスキップ
1 7

十和田バラ焼き

青森県十和田市にあるまちおこし団体。「十和田バラ焼きでまちを元気に!!」を合言葉に、十和田バラ焼きの全国ブランド化と十和田市および青森県の地域づくりを目指しています。 「十和田バラ焼き」とは、戦後間もなく誕生し、1958年(昭和33年)に十和田で大ヒットした十和田市民のソウルフード「バラ焼き」が元になっています。

商品詳細arrow

【ご当地グルメの特徴】

・戦後間もなく、米軍からの払い下げで安価で手に入るようになった牛バラ肉やホルモンを玉ねぎと秘伝のタレに絡ませて鉄板で焼いて食べたことがはじまり。当時の日本では牛肉をおいしく食べるための調理技術がなく、韓国料理のプルコギにヒントを得てつくったようです。

・第9回「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」in郡山ではゴールドグランプリを受賞しています。

・醤油ベースのオリジナルの甘辛いタレには、日本一の生産量を誇る青森県産のリンゴと日本一の生産量を誇る十和田市産のニンニクを使用。

【内容量】約420g

【賞味期限】製造から12ヶ月

【特定原材料(7品目)】乳、小麦

【保存方法】冷凍

【発送方法】冷凍便

facebook
twitter
line

ご当地グルメ紹介

戦後間もない頃から続く青森県十和田市民のソウルフード。牛のバラ肉と玉ねぎを鉄板で焼いています。青森産のリンゴ、十和田産のニンニクをふんだんに使った醤油ベースの甘辛いたれで味付けしています。

お店からの一言

十和田バラ焼きを食べてバラ色の人生を〜 ラビアンローズ🌹〜

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

最近チェックしたご当地グルメ