十和田を元気にして、日本を元気にする。 そして、“グローカル”に『十和田バラ焼き』という食文化を広めていく!

facebook
twitter
line

舌校長 畑中宏之 様

青森県十和田市にあるまちおこし団体。「十和田バラ焼きでまちを元気に!!」を合言葉に、十和田バラ焼きの全国ブランド化と十和田市および青森県の地域づくりを目指しています。 「十和田バラ焼き」とは、戦後間もなく誕生し、1958年(昭和33年)に十和田で大ヒットした十和田市民のソウルフード「バラ焼き」が元になっています。

2010年、東北新幹線全線開業し、十和田市に誘客を図るべく「十和田バラ焼きゼミナール」という地域活性化団体を設立しました。

団体名にも入っている「バラ焼き」とは、青森県県南では、当たり前に食べられていた独自料理で、 誕生は昭和20年代に米軍基地近くの屋台から発祥したと言われており、昭和33年に十和田市で大ヒットした食文化で、それが未だに根付いている食文化です。

団体設立の目的は、「まちおこし」。
『十和田バラ焼き』は、あくまで町を知ってもらうためで、常に地方創生を意識しています。 日本を元気にしていくには、 地域を元気にしていくしかない! そのためには、自分のエリアを元気にするんだ!

画像提供:©(一社)十和田奥入瀬観光機構、©十和田奥入瀬観光機構

キーワードは、“グローカル”。
世界的な視野で(グローバルに)物事を考え、地元に土着した(ローカルな)食文化を広め、日本の人も海外の人ももっと十和田にきてほしい! 十和田で当たり前に食べられている『十和田バラ焼き』をみんなが食べに来ることが旅の目的になる。
そんなシーンを十和田の子供達に見せて、 彼らに地域プライドを持って、自分自身の誇りにしてほしいと願います!